FRP材料、樹脂、硬化剤などの工作材の他エタノール原料などの製造販売をおこなっております。
商品カテゴリー
エタノール・除菌商品
コロナパーテーション
FRP自作セット
樹脂の種類から探す
FRP材料
FRP道具
防水資材
美術・造形
接着剤
建築資材
容器・梱包材
仮設トイレ・シャワールーム
収納・家具
セール・アウトレット
領収書発行可能です
2020年 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
今日
2020年 12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
[BOARDLIST_5_150_/images/250/leftdot.gif]
 

トップ > 樹脂の種類から探す > 耐熱・難燃性樹脂 > 送料無料!【国産 難燃性樹脂 20kg】ポリエステル樹脂 メーカー直送品

送料無料!【国産 難燃性樹脂 20kg】ポリエステル樹脂 メーカー直送品

ハンドレーアップ/スプレーアップ成形に!
反応型難燃性ポリエステル樹脂☆

適度の難燃性と良好な積層作業性・成形品質性が得られます。
また、ロイド『防火材料』を{MSC/Circ.1006}の認定を取得しているため、救命艇の建造に適しています。


【 特徴 】

1.
液状樹脂の安定性に優れています。(添加型難燃剤のような沈降がありません。)

2.難燃性のバラツキや、経時変化少ない。

3.作業環境が良好です。

4.成形性が優れています。
   ・作業時間の短縮が可能
   ・透明性に優れるため、気泡の確認が容易
   ・含浸性が良い(スプレー作業性が良い)
   ・大型厚物成形が可能

5.ノンパラタイプの、予め促進剤の入った2液性の樹脂です。

 

当商品を用いたFRP板は、下記の難燃性を有しています。

難燃=燃えない ではありません。


* JIS K-6911耐熱性試験A法(ASTM D-635) : 【可燃性】

* IS K-6911耐熱性試験B法(UL94HB法) : 【HB】

* ロイド認定 救命艇建造用 【防火材料】 (MSC/Circ.1006)


※別途硬化剤が必要です。


国産/海外産の違い、硬質/軟質の違い等
よくあるご質問は↓下記リンクにてご確認下さい。


 
商品コード : SSRFR0020A
価格 : 円(税抜)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
【FRP積層方法】

■必要なもの■
◎FRP樹脂
◎硬化剤
◎ガラスマット

全ての工程を想定して、最初は樹脂を少なめに作って下さい。


1.あらかじめガラスマットなどの補強材を割りづけておきます。
 
    →通常はガラス繊維を割づけ、その上に樹脂を置いていきます。
       立ち面、壁面などにガラスマットなどを割りづける場合、自重で落ちてくる可能性があります。
       また樹脂を塗るので、より重くなり、落ちてくる可能性があります。
       そのため、あらかじめわりづけの際に、テープなどでしっかりと固定して落ちないようにするといいです。



2.FRP樹脂に硬化剤を添加してよくカクハンします。

    →樹脂を容器にとり、硬化剤を添加しよく混ぜます。
       硬化剤を添加後から硬化が始まります。

       ※混ぜ不足は硬化不良になる場合があります。
 

硬化剤添加目安(樹脂重量に対し)

真夏

0.5〜1%

真冬

3〜5%

春秋

1〜3%

※硬化剤添加量の多過ぎはクラック(ひび割れ)・大幅な収縮(反り)・硬化不良の原因です。


3.FRP樹脂をガラスマットにローラー/刷毛で置いていきます。

    →樹脂をガラスマットに置いていくと自然に浸透していきます。


4.自然に浸透していきますので、浸透したら泡を抜いて行きます。

    →浸透する目安は合板下地などではアメ色になってきます。
       ある程度浸透したら中に入っている気泡を抜いて行きます。
       
泡抜きは専用のアルミローラー(脱泡ローラー)で行うとキレイに出来ます。


5.工作後処理

    →使い終わったアルミローラーなどはアセトンに浸け置きして下さい。




  

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ