自作FRPキットや補修セットまたFRP防水ドレンやオーバーフロー管などを販売しているFRP素材屋さん本店です。  
FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やシンナー工作はこちらから全国に適正価格で販売しています。FRP素材屋さんでは自作補修のfrpセットなどを得意な樹脂やアセトンはこちらから全国に適正価格で販売しています。

 frp自作水槽などのスターターキットです。frpの作業に最適です。樹脂などをスピード配送します。

frpに関する質問事項などfrp単板、メラミン化粧板、ポリエステル化粧合板などのfrp材料の販売ページ
FRP素材屋さんではfrp樹脂などを格安で販売しています。販売ページFRP素材屋さんでは、硬化剤などを販売しています。frp作業の塗布量についてのページ 

商品をさがす
キーワード
価格範囲
円〜

FRP素材屋さんでは送料無料で全国にFRP材料を販売しています。
FRP素材屋さんの高評価レビューはこちら。frp材料やfrp樹脂、frpガラスマットを全国に販売しています。

会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ
FAXでのご注文です。即納対応可能。
FRP販売サポートです。自作をされるときなどは、あんしんサポートのあるお店にしましょう。

FRP素材屋さんではfrp材料を全国各地に適正価格で販売していますが、メールが届かないお客様はこちら   
FRP材料をスピード配送!自作材料については即日納品ができますので、是非お問い合せください。
FRP自作材料やFRPドレンを配送するときの梱包について注意しましょう。
frp自作水槽などのスターターキットです。frpの作業に最適
frp自作水槽などのスターターキットです。frpの作業に最適
frp自作水槽などのスターターキットです。frpの作業に最適です。オーダーで自作のfrp水槽がつくれます。
frp自作水槽などをどのようにして使うのか。を解説するページです。

 
クリアポリエステル樹脂 

 

透明ポリエステル樹脂を使って、アクセサリーなどを自作出来ます。


透明ポリエステル樹脂は注型、封入用樹脂を使用します。

これらの樹脂は、通常のポリエステル樹脂の弱点である収縮率の高さ、
透明度といった点を改良してある樹脂です。

さらに2液タイプで、FRP素材屋さんの硬化剤であれば、どれでもOKです。


保存性に優れ、硬化剤の流用も効きます。



透明樹脂を使用します。
ユピカ2035P注型・封入専用樹脂です。



今回は試験的に使用しなくなってヒビが入ったガラス湯飲みを使います。

これは、油粘土で作りたい型を作って、石膏で型取りしても出来ます。
ただし、その場合は、表面に離型処理が必要になります。

離型剤をよくすり込み、乾燥させます。
それを複数回繰り返し、ワックスを表面に定着させます。

今回は、湯飲みに水を入れ、塗料カップに入れて、使用量を線で引いてあります。
そうすることで、使用量を無駄なく使用出来ます。
ただ、若干の収縮量などを計算に入れる必要がありますので、やや多めに入れました。

1L塗料カップは簡易目盛り月ですので、使用量などがわかりやすいです。




透明クリア樹脂です。かなりの透明度があります。



上から見た図、かなりの透明度があることが分ります。






気温37度、非常に暑い上に、直射日光がかかっています。

硬化剤添加後、よくかき混ぜます。

硬化剤添加量は2.5〜3.0%です。
かなり多めに入れてみました。

後からヒケ、黄変が出来ると思います。

硬化剤添加後さらによくカクハンします。
これがきちんと出来ていないと硬化不良の元になります。



細かく切った造花を頭からつっこみました。

約10〜15分で、ゲル化してきました。
思った以上に早いです。





半硬化状態です。
透明度は変わらず非常に綺麗です。
ただ、硬化が早かった分、気泡が残っています。

気泡はほとんどが抜けました。
ある程度時間をかけて固めれば、気泡については、それほど意識する必要がないようです。

型をカナヅチなどで壊しました。




FRP素材屋さん透明樹脂で自作アクセサリーを作ろう

今回の多めの硬化材量でも小さい物はクラックが入りませんでした。
また熱量が少ないので、収縮も若干抑えられていました。



途中かなりの熱を持ち、反応が進みすぎたようです。

かなり熱いので、アルミ板の上に載せています。

色も若干黄色っぽい色をしています。内部の葉色の影響もあるでしょうか?

温度的に60度はあるでしょうか?


今回の反省

1.当初の予測どおりですが、硬化剤添加量が多すぎ、熱収縮がおこってしまった。それによって、クラックが入ってしまいました。
2.急速収縮によって、クリア樹脂がやや黄変してしまいました。
3.目立たない程度ですが、急速収縮で、気泡が入ってしまいました。数粒程度
4.上から見た際に造花が少し潰れた格好になってしまいました。上から固定する必要があるようです。

今回想定外だったのは、固まりになっているので、予想以上に熱反応が進んでしまったことです。
途中パチパチ音がして、少し煙が出てきました。

硬化剤添加量は最小の0.5から1%に治めるべきだったと思います。
また、じっくり固めた方が、綺麗に仕上がる様な気がしました。





★必要なもの★

1.クリアポリエステル樹脂透明

クリアポリエステル樹脂・透明度の高い樹脂です。ポリエステル樹脂系透明塗料の弱点の
収縮を改良したタイプです。
低収縮・注型封入専用樹脂はこちらのカテゴリ←樹脂カテゴリ内の下の方にあります。

20kgユピカ2035Pと、4kg、2kg、1kgと各種類を取りそろえています。


2.硬化剤

クリアポリエステル樹脂を硬化させるための硬化剤
FRP素材屋さんの硬化剤であればどれでも大丈夫です。
透明度の高い硬化剤でクリアポリエステルに着色しません。

硬化剤は0.5から1%程度を入れて、よくカクハンしましょう。

硬化剤は多すぎると泡が抜けきらない、黄変する、収縮すると言ったトラブルがでます。

さいしょに硬化特性を見て試作するのが一番です。
硬化剤はこちらのカテゴリ



3.各種容器・道具

容器は基本的に使い捨てに近い形になります。
PP・PE製の容器であれば、樹脂をはがして再利用出来ます。

取っての付いた専用のバケット缶もあります。


注意点:熱を持つ可能性があるので、十分注意してください。




 

FRP自作工作実験室の過去の記事はこちら

1.FRPで水槽をつくろう

僕らのFRP工作実験室1はこちら

2.ポリパテを自分でつくろう

僕らのFRP工作実験室2はこちら

3.パテでプラモデル工作をしよう

僕らのFRP工作実験室3はこちら

4.FRPドレンをつけてみよう

僕らのFRP工作実験室4はこちら

5.FRP防水パンをつくろう

僕らのFRP工作実験室5はこちら

6.透明クリア樹脂でインテリアパーツをつくろう

僕らのFRP工作実験室6はこちら

7.アスファルトの補修をしよう

僕らのFRP工作実験室7はこちら

8.カネライトフォームでファブリックパネルを作ろう

僕らの
FRP工作実験室8はこちら★NEW★ 

9.クリア樹脂を使ってアクセサリーを作ろうパート2

僕らのFRP工作実験室9はこちら★NEW★ 
10.大型水槽プールをFRPで作ろう:特別編

僕らのFRP工作実験室10はこちら★NEW★